ミシェル・フーコー講義集成 VII: 安全・領土・人口コレージュ・ド・フランス講義1977-1978年

Front Cover
筑摩書房, 2007 - 560 pages
古典主義時代に政治の舞台に登場した“統治”の概念―その系譜をキリスト教における“司牧”にまで遡り、さらに国家の権力行使が“領土”支配から“人口”管理に移行してゆくさまを描出、壮大な射程で新たな政治的“知”の誕生のメカニズムに迫る。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information