パワーエレクトロニクス入門

Front Cover
パワーエレクトロニクス技術の基本は、高速電力用半導体スイッチをPWM制御することによる、電力の変換と制御である。そこで本書は、まず、PWM制御技術についてわかりやすく説明し、さらにその技術が各種パワーエレクトロニクス装置にどのように活用されているかについて理解できるように、平易に解説している。また文章による説明型あるいは詳細な方法論列挙型ではなく、わかりやすいオリジナルな図を多用して読者の理解を助け、例題、演習問題を適当数挿入し読者の理解が深まるよう工夫している。現在のさまざまな事例をすべて列挙するのは不可能である。そこで教科書として盛り込むべき基本的な事項を抽出し、できるだけ全体を通じた関連性をもたせて記述している。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information