社会学入門: 人間と社会の未来

Front Cover
岩波書店, 2006 - Sociology - 215 pages
「人間のつくる社会は、千年という単位の、巨きな曲り角にさしかかっている」―転換の時代にあって、世界の果て、歴史の果てから「現代社会」の絶望の深さと希望の巨大さとを共に見晴るかす視界は、透徹した理論によって一気にきりひらかれる。初めて関心をもつ若い人にむけて、社会学の「魂」と理論の骨格を語る、基本テキスト。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information