13デイズ

Front Cover
スクリーンプレイ出版, 2001 - Drama - 193 pages
緊迫した状況下での国家の存亡を賭けた外交交渉を追った映画であり、政治や軍事関連の専門用語が多く、政治家特有の持って回った言い回しなども使われていて、会話を理解するのはかなり難しい。特に軍事関連の専門用語のいくつかは、ネイティブ・スピーカーであっても専門知識がなければわからないような単語なので、最初のうちはわからなくても気にしなくてよい。部分的にはわからない箇所があっても、緊張感のある脚本のおかげでストーリーを追うのはそれほど難しくない。生死をかけた丁々発止の交渉の場での英語や、交渉に臨む態度、口調、ジェスチャーなど、英語での交渉術を学ぶ上でも、これ以上の教材はないだろう。多少難解な映画ではあるが、是非チャレンジしてもらいたい作品である。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information