阿片常用者の告白

Front Cover
岩波書店, 2007 - 160 pages
英国ロマン派屈指の散文家による自伝文学。幼少期の悲哀、放浪の青春から阿片常用の宿命の道程を描く。阿片の魅惑と幻想の牢獄を透徹した知性と感性の言語によって再構築した本書は、ボードレールはじめ多くの詩人や作家たちの美意識を方向づけた。新訳。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information