セロ弾きのゴーシュ

Front Cover
角川書店, 1969 - Literary Collections - 276 pages
楽団のお荷物だったセロ弾きの少年・ゴーシュが、夜ごと訪れる動物たちとのふれあいを通じて、心の陰を癒しセロの名手となっていく表題作。また「やまなし」「シグナルとシグナレス」「氷河鼠の毛皮」「猫の事務所」「雪渡り」「グスコーブドリの伝記」など、賢治が生前に新聞・雑誌に発表した名作・代表作の数々を収める。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

About the author (1969)

宮沢 賢治

Bibliographic information