子午線を求めて

Front Cover
講談社, 2019 - French literature - 289 pages
フランスで長らく経度の基準とされてきた、パリ子午線。敬愛する詩人ジャック・レダの文章に導かれて、その痕跡をたどりながら、「私」は街をさまよい歩く。パリの郊外が抱え込む闇を抉り出したセリーヌやロマン・ノワールの書き手たちへの眼差し。断章で鮮やかに綴るエルヴェ・ギベールの肖像...。著者の作家としての原点を映し出す、初期傑作散文集。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information