マルクス最後の旅

Front Cover
エンゲルスが闇に葬った『資本論』の核心とは―『資本論』の続巻を構想しつつ最後の旅に赴いたマルクス。残された膨大なメモや記録、史実の中からマルクスの旅を再現し、ドイツの社会学の泰斗が描く、大胆な仮説。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information