イワシと気候変動: 漁業の未来を考える

Front Cover
岩波書店, 2009 - 224 pages
大漁・不漁を左右する海の魚の数は、地球の大気や海と連動して数十年スケールで変動していた―この「レジーム・シフト」を著書は一九八三年、世界で初めて見いだした。九〇年代以降、世界的に大きく進展した研究成果を踏まえ、これからの海と海洋生物資源の持続的利用のあり方に明確な方向性を示す。新しい地球環境観への誘い。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information