集団的自衛権限定容認とは何か: 憲法的、批判的分析

Front Cover
日本評論社, 2016 - Constitutional law - 215 pages
安保法制における最も重要な法的問題は、政府の憲法解釈が集団的自衛権否認論から容認論に変えられたこと。集団的自衛権限定容認とは何かを知り、今後の対処を考えていくうえで必読の書。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information