泉鏡花集黒壁: 文豪怪談傑作選

Front Cover
筑摩書房, 2006 - 407 pages
明治大正昭和の三代にわたり妖艶怪美の世界をひたむきに追求した泉鏡花は、文芸としての怪談を極めた巨匠と呼ぶにふさわしい。三百篇を超える作品群には、いまだ知られざる逸品も少なくない。それら文庫未収録小説の中から、とりわけ恐怖と戦慄と憧憬に満ちた怪異譚を選りすぐって成ったのが本書である。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information