ランシエール: 新〈音楽の哲学〉

Front Cover
白水社, 2007 - 269 pages
プロレタリアの夜をミシシッピ・デルタとニューヨークの夜に直結させ、音楽を国家から防衛し、文化と闘わせる「政治と美学」の出会い。才能でも歴史でもなく普遍的知性が反乱の「音楽=言葉」を生む。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information