文明論としてのイスラーム

Front Cover
角川書店, 2002 - Civilization, Modern - 218 pages
イスラーム史に外交はあるのか、日本人のイスラーム認識は―。好戦的なイメージと先入観で誤解されることの多いイスラームを、ナショナリズム、民族問題、民主主義、IT、ターリバンなどをテーマに、歪みのない視点でミクロかつマクロに捉え直す。13億人の民をもつイスラームの文明と歴史の理解を深め、21世紀の文明間の対話の本質を伝える格好の書。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information