白と黒のとびら: オートマトンと形式言語をめぐる冒険

Front Cover
東京大学出版会, Apr 17, 2013 - 316 pages
この本に書かれているのは、偉大な魔法使いに弟子入りした平凡な少年の物語です。彼は魔法使いになるための勉強をしていく中で、奇妙な「遺跡」と奇妙な「言語」に出会い、それらに隠された秘密に迫っていきます。物語はもちろんフィクションですが、お話を読み終える頃には読者の皆様はいつのまにか、現実の学術上の理論―情報科学・数学・認知科学における、ある重要な理論―の基本的な概念に慣れ親しんでいらっしゃることと思います。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information