証言の心理学: 記憶を信じる、記憶を疑う

Front Cover
中央公論新社, 2006 - Memory - 202 pages
人は嘘をつこうとしていないのに、体験していない出来事を見たり聞いたりしたと証言してしまうことがある。証言の聴き手が、それと気づかないうちに虚偽の証言や自白を生み出す手助けをしてしまうこともある。人間の記憶は脆く、他者の記憶とのネットワークによって成立している。これを法廷という非日常の「現場」に生かすことは果たしてできるのか。興味深い実例を交え、心理学研究の最前線をわかりやすく説明する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information