屋上の黄色いテント【洋販ラダーシリーズ】

Front Cover
アイビーシーパブリッシング, 2006 - 115 pages
会社から帰宅すると、アパートが焼けていた。焼け残った荷物をトランクに詰め、藤井はその日の宿を探しに出かけるが、いつしか足は銀座の雑居ビルにあるオフィスに向かっていた。日仏同時刊行された『東京小説』より、銀座を舞台に、東京に流れる時間を切り取った椎名誠の短編小説を収録。

What people are saying - Write a review

The Yellow Tent on the Roof―屋上の黄色いテント (洋販ラダーシリーズ)の降矢さんの感想・レビュー

User Review  - 降矢 - 読書メーター

This story reminds me of when I was 25. When I arrived back to Japan after Working Holiday, I had to stay one night in Tokyo without enough money. I was walking around with heavy luggage near Shinagawa station during that night. Read full review

Other editions - View all

Bibliographic information