目的別で選べる遺伝子導入プロトコール: 発現解析とRNAi実験がこの1冊で自由自在!最高水準の結果を出すための実験テクニック

Front Cover
仲嶋一範, 北村義浩, 武内恒成
羊土社, Jul 15, 2012 - 250 pages
細胞から、生体まで。化学的方法から、物理的方法、ウイルスベクターまで。対象を縦糸に、導入法を横糸に、それぞれがクロスして広がる遺伝子導入法の全体像がこの1冊でみえてくる。各プロトコールの原理から実験操作・試薬の役割まで根拠から詳しく解説。豊富な体験をもとに磨き抜かれたプロトコールに加え、成功の可否を確認するための方法、スキルアップのポイントも充実し、初心者でもイメージしやすい。過剰発現を目指すのか、ノックダウンを目指すのか。遺伝子導入技術を最大限に生かすため、知っておきたい実験系の組み立て方がわかる。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information