修復の理論

Front Cover
三元社, 2005 - 284 pages
本書は修復の科学技術や技法を説くものではない。芸術作品や文化財の保存・修復が実行される以前、あらかじめ省察を必要とする理念を問題とする。わが国でも高松塚古墳、キトラ古墳の保護・継承をめぐり議論が高まる中、参照すべき必携の書である。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information