, Volume 11

Front Cover
中野徹, 西上実
小学館, 1998 - 454 pages
17~19世紀、世界の文化の頂点を極めた清帝国。康煕、雍正、乾隆帝主導の宮廷美術、陶磁器、玉器、七宝、ガラスなどの極微の世界、石涛、揚州八怪などの画家達、頤和園、円明園、避暑山荘などの庭園美、国際都市北京を代表する紫禁城の宮廷文化。北京、台北両故宮の全面協力をえて清朝美術の全貌を鮮明カラーで紹介。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information