都市計画の地方分権: まちづくりへの実践

Front Cover
日本都市計画学会地方分権研究小委員会
学芸出版社, 1999 - City planning - 415 pages
都市計画の地方分権は実践段階に入った。しかし、実践段階でこそ、基本論に立ち返って考え、発展的な選択を積み重ねていくことが必要である。官・民での一連の膨大な議論をとりまとめ、これから何ができるのか、何をなすべきかを、国、自治体、研究者、コンサルタントの現場から提言する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information