フロイトを読む: 年代順に紐解くフロイト著作

Front Cover
岩崎学術出版社, Nov 16, 2013 - 311 pages
フロイトには、今日もなお意義があるだろうか。彼の考えは普遍的な価値を持ち続けているだろうか。それに由来する治療的な方法、つまり治療としての精神分析は、私たちの時代でどのような位置を占めているのだろうか。フロイトの思考および精神分析の活力を明らかにする。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information