ビッグデータと人工知能: 可能性と罠を見極める

Front Cover
中央公論新社, 2016 - Artificial intelligence - 219 pages
ビッグデータ時代の到来、第三次AI(人工知能)ブームとディープラーニングの登場、さらに進化したAIが2045年に人間の知性を凌駕するというシンギュラリティ予測...。人間とAIはこれからどこへ向かっていくのか。本書は基礎情報学にもとづいて現在の動向と論点を明快に整理し分析。技術万能主義に警鐘を鳴らし、知識増幅と集合知を駆使することによって拓かれる未来の可能性を提示する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information