ドイツ社会保障の危機: 再統一の代償

Front Cover
ミネルヴァ書房, Jan 30, 2013 - 399 pages
ドイツの社会国家体制は、東西ドイツ再統一とその後の過程でいかなる変容を遂げたのか。本書は、ベルリンの壁崩壊の1989年から1994年の社会保障の改革・調整過程を、一次史料と政治家・官僚の証言によって詳細に分析する。現代へつながる社会保障制度の再検討に多くの示唆を与える一冊。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information