母体保護法とわたしたち: 中絶・多胎減数・不妊手術をめぐる制度と社会

Front Cover
明石書店, 2002 - Abortion - 271 pages
母体保護法と、それに伴うさまざまな矛盾。それは、ヒト生命を人為的に終了させる人工妊娠中絶に正当な理由をつけ、それを制度的に保障しなければならないことからくる矛盾でもある。本書は、いわゆる法律・法規範が、保護し、実現をはかろうとしている「生命・人権の尊重」と、母体保護法を取り巻く「現実」について、そのギャップ・一致を含め、さまざまな視点・立場から問題を照らしだし、多くのひとが、自分たちの問題として、この法律と向き合う契機を提供することを目指している。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information