ニュートン: 宇宙の法則を解き明かす

Front Cover
創元社, 2008 - 158 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
1665年6月、ペストが大流行したためケンブリッジ大学は閉鎖され、学生や教師たちは立ち退きを余儀なくされた。そのなかに学士の称号を得たばかりのアイザック・ニュートンという若者がいた。当時23歳だった彼もまた、ケンブリッジを去り、生まれ故郷に一時帰省する。そして驚くべきことに、わずか1年半のあいだに、微積分法、光学(色彩論)、万有引力の法則という3つの大理論の基礎を築くことになったのである。この期間を歴史家たちは「驚異の年」とよんでいる。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information