イラク戦争と占領

Front Cover
岩波書店, 2004 - Iraq - 241 pages
短期間でイラク戦争を終結させたアメリカ。だが、その占領統治は相次ぐ武力抵抗によって混乱の極みに陥っている。亡命イラク人を重用しようとしたアメリカの目算はなぜ狂ったのか。イスラーム政治運動の拡大は、ポスト・フセイン体制をどのようなものにしていくのか。一三年ぶりの現地訪問を果した著者が、イラク「解放」の現実を描く。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information