あざむかれる知性: 本や論文はどこまで正しいか

Front Cover
筑摩書房, 2015 - Books and reading - 238 pages
一般的に信じられている知識の多くはゴミであり、有害だ。一方、星の数ほどある実証科学の研究も、その質はピンからキリまで。本当に頼れる知識は、数百、数千の研究から質の高い研究のみを抜粋して、メタ分析等の統計的分析を行ったシステマティック・レビューである。さあ、これでもあなたは常識と思い込みにしたがって人生を送りますか?

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information