八丁堀「鬼彦組」激闘篇剣客参上

Front Cover
文藝春秋, 2022 - 272 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
暗闇の中、柳原通りを歩く生薬屋の主人・宗兵衛と手代・元造は、四人組に急に斬りつけられ、命と金を奪われる。調べに乗り出した倉田佐之助ら「鬼彦組」は、下手人たちが呉服屋襲撃をも計画していることを知る。思い通りにはさせまいぞ...同心たちの粘り強い張り込みが始まった。剣戟場面の連続に頁を繰る手が止まらない!

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information