藪の中の家: 芥川自死の謎を解く

Front Cover
中央公論新社, 2008 - 312 pages
0 Reviews
昭和二年七月二十四日未明、芥川龍之介は睡眠薬により、自らの死を選んだ...。しかし、致死量に至る睡眠薬の入手は、芥川の治療のために出された処方によれば困難である―主治医の日記、龍之介の書簡などから、自死の真相に迫る、渾身のノンフィクション。第十七回新田次郎文学賞受賞作。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information