西行

Front Cover
岩波書店, 1993 - Poesía japonesa - 247 pages
桜に生き、桜に死す...、西行といえば花。さらに旅から旅への漂泊の人として、世を捨てた隠遁の人としても、さまざまの神話に彩られている。西行ほど憧れと親しみを抱かれ続けてきた歌人はいない。西行の代表的な歌を読み込み、全国の遺蹟を訪ねることを通して、虚実の相乱れる西行神話を解体し、日本文学史上に燦然と輝く歌人の心に迫る。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information