三島由紀夫紀行文集

Front Cover
岩波書店, 2018 - 371 pages
三島由紀夫(1925‐70)は、南北アメリカ、ヨーロッパ、アジア各国を、晩年まで旅行している。『アポロの杯』は、20代の三島の初めての世界旅行の記録。鋭利繊細な感受性を存分に濫費して、旅先の体験を明晰・清新な言葉に刻んでいる。作家の転換点ともなった重要作である。『アポロの杯』の他、海外・国内の24篇の紀行文を精選する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information