革命論: マルチチュードの政治哲学序説

Front Cover
平凡社, 2012 - Democracy - 221 pages
政治の例外状態としての革命。民主主義の究極の手段としての革命。政治が管理技術に成り下がり、価値判断をしなくなった時代に、“正義”を振りかざすだけでいいのか。「政治にはふれないことが政治」は本当か。ポストモダン以降の西洋哲学の重要課題を論じ尽くした、これ自体が革命的な一書。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information