統辞構造論: 付『言語理論の論理構造』序論

Front Cover
岩波書店, 2014 - 433 pages
生成文法による言語研究の「革命」開始を告げる記念碑的著作。句構造や変換構造などの抽象的な言語学的レベル、言語の一般形式に関する理論、文法の単純性の概念などが、人間言語に対する深く透徹した洞察を与えることを立証する。併録の論考および訳者解説では本書の知的背景を詳細に説明し、その後の展開も概観する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information