英語コーパスと言語教育: データとしてのテクスト

Front Cover
大修館書店, 2008 - 265 pages
英語コーパスの系譜、コーパスの構築・分析技術、データの計量技法など、コーパスの基礎を徹底解説する第1部。その理解を活かすべく言語教育における言語・教材・学習者を対象としたコーパス研究事例を紹介する第2部。基礎と実践を結び、コーパス言語学の可能性を提示する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information