漫画坊っちゃん

Front Cover
岩波書店, 2017 - 235 pages
漱石の『坊っちゃん』は多くの読者に愛読され、「国民文学」の代名詞ともいえる小説である。この名作を、近代日本漫画の開拓者・近藤浩一路が飄逸にして諧謔味溢れる漫画としている。坊っちゃんの活躍が、画と文を通し存分に楽しむことができる。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information