北米都市におけるエスニック・マイノリティ: 多民族社会の構造と変動

Front Cover
ミネルヴァ書房, 1997 - Cultural pluralism - 333 pages
多民族社会の構造を解明する。「アメリカは人種のるつぼ、カナダは文化的モザイク」とも言われるが、真実なのか―。両国は過去において共に移民を受け入れ発展を遂げた。両国大都市のエスニック・マイノリティの生活状況、コミュニティの形成・発展過程の分析を通して、両国の社会的目標である文化多元主義を検証する。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information