死刑その哲学的考察

Front Cover
筑摩書房, 2017 - Capital punishment - 318 pages
死刑の存否をめぐり、鋭く意見が対立している。「結論ありき」でなく、死刑それ自体を深く考察することで、これまでの論争を根底から刷新する、究極の死刑論!

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information