ヴォイスとアスペクト

Front Cover
研究社出版, 1997 - English language - 201 pages
ヴォイスの概念を広く捉え、英語の能動・受動と日本語の自動・他動・受身・可能・使役・敬譲の体系全体を視野に入れて異同を観察する。また文法的アスペクトにおいて、日本語では「ている」が、英語では進行形be V‐ingと完了形have V‐enが分析され、日英語での対応が明らかにされる。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information