国民再統合の政治: 福祉国家とリベラル・ナショナリズムの間

Front Cover
新川敏光
ナカニシヤ出版, 2017 - 300 pages
各国で移民問題が深刻化し排外主義が台頭するなか、新たな統合の枠組として、リベラル・ナショナリズムが提唱されている。国民統合戦略の移行のなかで、福祉国家の弱体化、極右政党の台頭、多文化主義の実態を、各国の事例をもとに分析する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information