なぜ『三四郎』は悲恋に終わるのか: 「誤配」で読み解く近代文学

Front Cover
集英社, Mar 22, 2015 - 198 pages
夏目漱石『三四郎』『それから』、田山花袋『蒲団』、森鴎外『雁』、川端康成『雪国』、三島由紀夫『春の雪』...近代文学の名作の多くが「悲恋小説」なのはなぜなのか。著者は哲学者ジャック・デリダが用いた「誤配」という概念を鍵にしてそれらを再解釈する。そして「恋愛」というテーマに留まらない、近代文学と現代文学との間に横たわる大きな断層を見出す。早稲田大学の人気教授が、あの名作に隠された秘密を、全く新しい読み方によって明らかにする一冊。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information