歴史学の最前線

Front Cover
史学会
東京大学出版会, 2004 - Historiography - 279 pages
本書は、二〇〇二年一一月に開催された史学会シンポジウム「歴史学の最前線」の内容をもとに、一九世紀末から二〇世紀の歴史学を回顧し、二一世紀における歴史学の課題を展望するために編集されたものである。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information