二つの戦後・二つの近代: 日本とドイツ

Front Cover
ミネルヴァ書房, 2009 - Germany - 208 pages
固有の意味での「戦後」という言葉は日本とドイツにしかない。これは「戦後」がたんなる戦前・戦中の「あと」ではなく、政治も社会も文化も激変したという特別の意味が込められているからである。本書は、戦後の社会と知の変転のなかで、日本・ドイツの近現代史がいかに語られてきたかを、自らの研究遍歴に重ね合わせながら明らかにする。その到達点として「希望としての西欧」を見失わない「比較の歴史学」への道を構想する。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information