ブルデュー社会学を読む: 社会的行為のリアリティーと主体性の復権

Front Cover
青木書店, 1998 - 212 pages
「ハビトゥス」「象徴暴力」「文化資本」...。難解にして深遠なP・ブルデューの世界。その基盤、方法、論理、そして今日的意義を平易に解説。格好の入門書。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information