終わりなき日常を生きろ: オウム完全克服マニュアル

Front Cover
筑摩書房, 1998 - Japan - 204 pages
「さまよえる良心」と「終わりなき日常」をキーワードに、今最も活発な発言を続ける著者が、オウムと現代社会を分析する。社会が成熟し、幻想が共有されなくなった時代、人はそれぞれの物語を生きるようになっている。その後の事件、状況分析を加えたあとがきを新たに付す。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information