新・日本文壇史, Volume 9

Front Cover
岩波書店, 2012 - Authors, Japanese - 299 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
大衆文学のルーツは、意外に新しい。それは、大正十二年の関東大震災後に始まった文学の形態である。マスメディアの発達によって大衆性に富んだ文学が大量生産されるようになった。庶民の視線で「宮本武蔵」を書いた先駆者・吉川英治と「樅ノ木は残った」の山本周五郎。史実を極めた吉村昭をはじめ、大佛次郎、井上靖、司馬遼太郎ら歴史文学の大御所たち。最後の無頼派といわれた檀一雄。犯罪者の眼で文学に新しい世界を開いた江戸川乱歩、松本清張、佐木隆三。巨匠たちの生涯と作品を生きいきと描きだす。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information