ランダム: 数学における偶然と秩序

Front Cover
青土社, 2002 - 232 pages
古典的な確率理論から、不確実性、フラクタル、コンピュータ・アルゴリズム、複雑性までガウス、ド・モアブル、ゲーデル、シャノン、フーリエ、コルモゴロフなど、様々な理論を検証しながら、数学の究極の難問、ランダム=デタラメの本質に迫る。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information