性と暴力のアメリカ: 理念先行国家の矛盾と苦悶

Front Cover
中央公論新社, 2006 - Sex and history - 264 pages
唯一の超大国として、最も進んだ科学技術を誇るアメリカ。だが、キリスト教の倫理観に縛られ、二億挺を超す銃が野放しにされるなど、「性」と「暴力」の問題については、前近代的な顔を持つ。それはなぜか―。この国の特異な成り立ちから繙き、現在、国家・世論を二分する、妊娠中絶、同性愛、異人種間結婚、銃規制、幼児虐待、環境差別、核の行使などの問題から、混迷を深めるいまのアメリカを浮き彫りにする。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information