悲しみの精神史

Front Cover
PHP研究所, Jan 30, 2002 - Buddhism - 253 pages
親族を殺した北条時頼、殉死の予行演習をしていた乃木希典、乞食願望を持ち続けた松尾芭蕉、上官の罪を背負った青年学徒、そして『東京だョおっ母さん』のコースを歩いたわが母...日本人の底流に流れる「悲しみ」の旋律を描いた渾身の作品。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information