新田一族の中世: 「武家の棟梁」への道

Front Cover
吉川弘文館, 2015 - Clans - 230 pages
上野国を本拠とした義国流清和源氏の新田氏。同族の足利氏とは家格が違いながら、『太平記』でなぜ「源家嫡流の名家」と描かれているのか。新田氏の足跡から実像に迫り、『太平記』に秘められた足利氏の思惑にも言及。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information