立憲国家の確立と伊藤博文: 内政と外交 1889~1898

Front Cover
吉川弘文館, 1999 - Constitutional history - 349 pages
数度に及ぶ憲法停止の危機を乗り越えて立憲国家を定着したのは、伊藤博文と明治天皇、自由党の星亨らの奮闘による。山県有朋、大隈重信―改進党等の動向も含め、1890年代の内政・外交の透徹した枠組みを提示する。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information